充実の標準装備:MUST 3 [マストスリー]

お客様の声を基に、円満な生活を送るための必要な装備を標準化しました。

二世帯同居で不満に思っていること、失敗したと感じていることをうかがうと、大きく分けて「収納のこと」「プライバシーのこと」「安全面のこと」に対して同じようなご意見が寄せられました。

トモニハウスはそんなお客様の声を受け止め、議論を重ねたうえで厳選した9つのアイテムを標準装備にしました。

収納ポイント:大容量の収納ができる3つのポイント

世帯が2つになるということは、荷物も2倍になります。生活空間をきれいに保つため、またお子様の成長も考えながら、必要な場所に必要なだけの共有・個別収納スペースが不可欠です。

  1. 屋根裏基地(大型小屋裏収納)
  2. おかえりクローゼット(大型玄関収納)
  3. ら蔵(くら)く庫(食品庫)

プライバシーポイント:プライバシーの確保ができる3つのポイント

ライフスタイルの異なる家族が同居する二世帯住宅では何よりストレスなく暮らせる住まいであることが大切です。お互いのプライバシーを確保し、気兼ねなく暮らせる3つのアイテムをご用意しました。

  1. 音(お)まもりフロア(防音)
  2. key(気)配りドア(鍵付きドア)
  3. それぞれ管理メーター(HEMS)

セーフティポイント:安心・安全装備となる3つのポイント

私たちは10年先も見据えた二世帯住宅を考えます。親世帯の老後や在宅介護を想定して、またお子様の安全を考えて、今すぐ必要でなくても後々あって良かったと思っていただける装備を揃えました。

  1. ようじん棒(玄関&トイレ手摺)
  2. あしも灯(足元灯)
  3. “ホッ”とモニター(カメラ付きドアホン)

二世帯住宅を選ぶなら信州・長野県のトップランナー トモニハウス 円満同居には秘訣があります・信州・長野県の二世帯住宅物語