税金対策・資金プラン

ご存知ですか!?二世帯住宅ならではの優遇税制

税金の種類優遇措置 一世帯住宅の場合優遇措置 二世帯住宅の場合
不動産取得税評価額から1,200万円を控除評価額からの1,200万円控除を2戸分受けられる
固定資産税土地の評価額が200㎡まで1/6200㎡まで1/6の控除を2世帯分受けられる
都市計画税土地の評価額が200㎡まで1/3200㎡まで1/3の控除を2世帯分受けられる
相続税子どもの「小規模宅地の特例」は
同居しないと受けられない
「小規模宅地の特例」が適用され、
土地の評価額が80%減額

一定の条件を満たす必要がありますが、二世帯住宅は一般の住宅に比べて税制面の優遇を受けることができます。

相続税については、2015年の税制改正に伴い、納税者も納税額も増加する方向となっています。二世帯住宅を選択することが税金対策につながる可能性もありますから、こういったことも考慮しながら、どういったスタイルにするかも含め二世帯住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

税制優遇についての詳細は、各ショールームまたはお電話でお気軽にお尋ねください。

建てる前も建てた後も、しっかり資金計画を立てましょう

二世帯住宅なら、各世帯個別に家を建てるよりも費用を抑えることができ、光熱費も減らすことができます。

事前に世帯間で、建築費をどう負担するか、月々の光熱費の支払いはどうしていくかなど、何かと問題が起こりやすいお金のことを話し合ってしっかりと決めておくことが大切です。

二世帯住宅では親世帯に子供の面倒を見てもらうことができるので、子世帯は共働きしやすい環境が生まれます。

共働きできることは、経済的には一番のプラスです。生活費や子供の教育費など、将来のための貯蓄も考えて事前に計画しておくことをオススメします。

二世帯住宅を選ぶなら信州・長野県のトップランナー トモニハウス 円満同居には秘訣があります・信州・長野県の二世帯住宅物語