間取・プランの注意点

建てる前に知っておきたい大事なこと

アンケート

  • 生活スペースがどんどん狭くなっていった
  • 遅い時間の帰宅や活動に気を遣ってしまう
  • 夜間のちょっとした物音でも気になってしまう

親世帯を2階にすることも1つの選択肢です

1階、2階でスペースを区切る場合、通常は1階を親世帯としますが、それによってアンケートのような不満が出てきてしまうケースも少なくありません。

親世帯に同意してもらえるのであれば、一般的に2階より広いスペースを確保できる1階を子世帯にすることも1つの考え方です。子世帯のほうが人数も夜間の活動も多いのであれば、1階にすることで結果的に家族みんな気持ちよく生活できるかもしれません。

アンケート

  • 誰かお風呂に入っていると歯を磨くのにも気を遣う
  • 洗濯機を使っていたり誰か隣にいたりするとゆっくりお風呂で寛げない

洗面室とは別に「脱衣室」を設計しておくと便利です

プランニングの時にはなかなか気づきにくいところですが、お風呂を共有するスタイルを選択する場合は洗面室と脱衣室を分けて設計することをオススメします。

入浴はとてもプライベートな時間ですので、近くに気配を感じながら入浴したり、また自分が気を遣わなければいけなかったりするとやはりストレスになってしまいます。脱衣室をつくることで、洗面スペースとお風呂スペースをどの時間でもお互い気兼ねなく利用することができ、余分な気遣いや時間のロスを生むことなく暮らすことが可能になります。

二世帯住宅を選ぶなら信州・長野県のトップランナー トモニハウス 円満同居には秘訣があります・信州・長野県の二世帯住宅物語